Lilypie 1st Birthday Ticker

2006年05月24日

幼児事件と親心

最近、特に子供が巻き込まれる事件が多くて、心が痛い。

事故であれば、…気を付ければ、ある程度防げなくもない。
家庭内の事件であれば、…うちらの心がけ次第だ。

が、それ以外の事件となると、全くもって話が違う!
怨恨があるわけでも、金がからむわけでもない、
本当に殺しても何の得にもならないはずの弱者である
子供が巻き込まれている。
…なんとも、痛ましい。

ダ「…秋田の子の葬儀に参列者200人か。 …すごいね。
 参列者、めっちゃ泣いてるし。」

私「…何、言ってんの。
 皆、『自分の子供だったら!』って思ってるんだよ。」

ダ「…そっか、そうだね。 もし、自分の子供だったら…。」

ダ&私「絶対、(犯人を)殺るねっ! (゚Д゚)ノ 」

前に、二人の子供を殺された父親が、
「犯人が死刑にならなければ、私が殺してやりますよ!」
と涙ながらに、裁判前に訴えていたのを見たけど、
まさに、全くの偽りの無い親の本心だな、と私も涙ながらに共感した。

これ(↑)は、極論かもしれないけど、
無抵抗で罪の無い子供が狙われる事件なんて許されるはずがない。
いわんや、性犯罪なんてっ! (`Д´)ノ

…というわけで、すでに我が子の将来が少々心配なんだけど、
少子化対策も頑張って欲しいけど、
こうした子供が安心して生活できる社会環境&法制度の整備も
きちんとしてくれるといいなぁ!
posted by しゅうタロウ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠6ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18330321

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。