Lilypie 1st Birthday Ticker

2007年02月01日

劣性遺伝

親バカと分かっていても、我が子を褒められると、やはり嬉しいもの。

昨日は、とても天気が良かったので、
娘を抱っこ紐に入れて郵便局まで、散歩がてら行ってきた。

手続きが終わるまで座って待っていると、局員さんが、
「可愛いわねぇ。 何ヶ月?」
「ホント。 可愛いね〜。 色が白くてお人形さんみたい。」
と、娘を褒めてくれた。

私は「そうですか? ありがとうございます〜。」と照れながらも、
心の中では、ニンマリ☆

早速、うちに帰って、ダンナに報告すると、
「そっか〜。 オレの血を受け継いでるのは、色素だけかぁ〜。」
(ダンナは、色白&髪の毛がちょっと茶髪ってる。)
…いや、私もどっちかというと色白の方なんだけど。

ダ「…くぅ〜! 段々ハッキリしてくる、その垂れ目がムカつくぜ〜!」
…あら? 愛する奥さんに似てるってゆーのに、おかしなこと言うわね。 ( ̄ー ̄)

ダ「でも、たまちゃんに何かあっても、オマエは輸血出来ないからな〜! ( ´ー`)」
(ダンナ&娘はO型、私はB型。)
…別にフツーのRH+型なんだし、輸血の必要もないやろ。

相変わらず、娘が私似であることに納得していないようで、
「でも、中身(性格)は父親似かもしれないじゃん!(血液型が同じなので)」
とフォローしてあげると、

ダ「ホント、B型じゃなくて良かったねぇ〜。」
…オイオイ、世の中のB型の女性を敵にまわす気か? (`Д´メ)

そんなことを言いながら、娘の頭を見ていたダンナが、
「あのさ〜、たまちゃん、髪、薄くない?」と聞いてきた。

産まれた時は「結構、毛があるな〜!」と思っていたのだけど、
相変わらず、後ろは擦りハゲが出来たままで、
髪の量は増えず、てっぺんの髪が伸びているだけなので、パイナップルのよう。

確かに、4ヶ月健診で、ふっさふさの髪の子も何人かいたけど、
1歳くらいになれば生えてくるものらしいので、あまり気にしてなかったんだけど、
今日、ダンナと私の赤ちゃんの頃のアルバムを見ていたら、

ダンナ:薄毛のクリクリお目め。
私:ふっさふさの垂れ目。

プププッ! (≧▽≦)
やっぱり、髪の毛は、ばっちりダンナ似だわ!
ちゃんと似てるところがあって、良かったねぇ、ダンナ! ( ´,_ゝ`)
posted by しゅうタロウ at 17:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 生後4ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うー笑っちゃう、ダンナさんっておもしろい!
やっぱ、自分に似て欲しいですよね。
わかるな・・
うちの双子は、一人がダンナ似で、もう一人が
私似とうまく分かれたので平和でした。
でも、ダンナの家族はダンナ似をかわいがったよ
やな感じー
Posted by ひろひろ at 2007年02月03日 16:24
やはり、どちらか一方に似ちゃうと、もう片方が寂しく感じちゃいますよね〜。
でも、ご主人似のお子さんの方がかわいがられちゃうのは、
双子なのに可哀想ですね。
Posted by しゅうタロウ at 2007年02月04日 18:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。